いざなぎ署名

【趣旨説明】

2015年9月末日までに5000筆以上が集まった場合、JOC(日本オリンピック委員会)への提出、及び直接申し入れを目指すものとします。提出を前提(自筆署名による運動に準じます)とするため、全住所の記入が必要です。
ご協力をお願い致します。

※署名数が期日までに5000筆に満たない場合、署名データは速やかに破棄されます。
※解説画像は一部、ネットで拡散されているものを使わせて頂いています。


弔旗を思わせる暗く不吉な大会エンブレムに日本中が失望しています。



一度は招致決定に沸いた多くの日本国民は一転、奈落の底に突き落とされる思いです

選考段階でこのような不吉なデザインは除外されるべきであり、この決定には悪意に基づく意図的なものを感じざるを得ません。いったい何が起きているのでしょうか。

桜をモチーフとする素晴らしいエンブレムがあったからこそ、国民の気持ちが一つとなり、それが今回の招致に繋がったのです。

喪章が日の丸に垂れ下がったかのようなエンブレムのデザインに対する失望は大き過ぎるものです。

弔旗で日本のお葬式?


オリンピックという大きなイベントに政治的な自虐史観を思わせるような要素を含めたり、その意図がなくともそう解釈可能なデザインならば、オリンピックそのものが政争の道具ともなりかねません。

今回の開催地はこの日本です。
私達は日本人の誇りを胸に世界中から訪れる人々を歓迎したいと思います。

愛国的ナショナリズムに対する牽制の意図?



国を愛するとは言い換えるならば家族を愛するに等しく、それが出来ない人が他国や他人を愛することができるのでしょうか。
家にお客様を迎えるにあたって「私は家族の葬式を望んでいる」などと言われて気持ちよく歓迎を受けることができるのでしょうか。

そのような一家と仲良くしたいですか?

すべての国が自国を誇りに思い、そして互いを尊重する。それがオリンピックの基本理念であるはずです。家族への憎しみも他国への憎しみもオリンピックには不要です。

この流れでは私達日本人、そして世界中から招かれる人々にとっても激しく不愉快な大会となるのが目に見えるようです。
日本の国益に反するものになりかねないならば、私達は開催そのものを否定したい思いです。その莫大な予算も私達国民の税金によるものだからです。

どうして大会のエンブレムが弔旗を思わせる不吉なものでなければならないのでしょうか?


多くの国民を失望、落胆させ、不評であるばかりか盗作疑惑、その告発を受けてもなお、このデザインを押し通そうとするその意図はどのようなものでしょう。

私達、日本国民は東京五輪最大のスポンサー、納税者としてこのデザインの変更を強く求めます。



発起人:遠藤修一(@endoshuichi)/いざなぎ署名開発&運営
tel:090-2848-6916
mail:izanagisig@gmail.com



【お知らせ】


【2015/08/04】

エンブレムデザインの最終決定は「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」であることを電話にて直接確認しましたので提出先をJOCから競技大会組織委員会に変更させて頂きます。
https://tokyo2020.jp/jp/organising-committee/

当署名の実施を伝えさせて頂きました。


【2015/08/03】

署名公開時、エンブレムと共に東京都観光ボランティア制服のデザイン変更も求める内容としていましたが、制服は東京都の問題であり、用途がオリンピックに限定されたものではないことから、弔旗エンブレムのみのデザイン変更を求めるものに改めさせて頂きました。

【参考】
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12057346259.html

署名ページ公開日時:2015/08/03
請願内容変更日時:2015/08/03
変更前の署名数:9筆

ご理解のほど、宜しくお願い致します。



【2015/09/08】
エンブレム使用の中止が決定されていますので、このページのデータをリセットしました。
(個人データはすべて削除済みです)
最終署名数:152票

ご協力有難うございました。
終了処理が遅れましたことをお詫びします。


【提出先】

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会